神宮徴古館・神宮農業館

神宮徴古館・神宮農業館について

伊勢の神宮では年間1500回を越えるお祭りが行われています。神宮徴古館では、
神宮のお祭りに関する資料や御装束神宝、農業館では、自給自足の伝統を守る神饌や農林水産関係の資料を展示。
通常の参拝だけではうかがい知ることのできない神宮の精神文化を体感していただけます。

概要

展示品について

歴史について

建築について

神宮徴古館 概要

神宮徴古館は明治42年に日本で最初の私立博物館として創設された伊勢神宮の「歴史と文化の総合博物館」です。神宮をより詳しく知っていただくため、おまつりや歴史・文化に関する資料を中心に展示しています。中でも社殿の復原展示や20年に一度行われる式年遷宮で新調する御神宝類(撤下品)は圧巻。その他、館内には国の重要文化財11点、歴史・考古・美術工芸品など約13000点を収蔵しています。

遷宮について(伊勢神宮オフィシャルサイトへ)

神宮農業館 概要

神宮農業館は天照大神と豊受大神の御神徳を広め、「自然の産物がいかに役立つか」をテーマとした日本で最初の産業博物館です。皇室から賜った品や伊勢神宮のおまつりで神様にお供えする神饌しんせんを始め、明治時代の内国勧業博覧会ないこくかんぎょうはくらんかいなどに出品された産業資料、またサメの剥製はくせい蝋細工ろうざいくの植物模型等、自然科学系資料も多く収蔵・展示しています。

概要

展示品について

歴史について

建築について

神宮徴古館の展示品

館内では神宮のおまつりで使用する祭器具やお供え物に関する資料などを通して分かりやすく伊勢神宮の営みを紹介しています。また神宮式年遷宮の説明を始め、式年遷宮で新調される御装束神宝(撤下品)の実物を展示。期間を限定した特集展示コーナーでは徴古館が所蔵する膨大な資料の中からテーマを絞った展示も行っています。

展示詳細はこちら

神宮農業館の展示品

日本で最初の産業博物館として設立された農業館は戦災を逃れたことも有り、設立以来の貴重な資料を所蔵しています。皇室御賜下品をはじめ、神宮の祭典御料・農林水産資料など約4300点を収蔵展示しています。

皇室御下賜品(おんかしひん)

その年に収穫された初穂を神前に供え、皇室・国家の安泰と国民の安寧が祈られる神嘗祭かんなめさいには、 天皇陛下が宮中の御田でお作りになられた初穂も両宮の御垣に捧げられます。 その際に奉献された稲束をはじめ、生糸・まゆなど皇室から賜った品を展示しています。

神嘗祭(伊勢神宮オフィシャルサイトへ)

神宮の御料

神宮では自給自足の伝統を守り、神田・御園みその御塩殿みしおでん干鯛ひだいやアワビの調製所など、 神宮の施設から調えられたものを神様にお供えします。この施設を御料地ごりょうちといい、農業館ではその関連資料を展示しています。

神宮の御料と御料地(伊勢神宮オフィシャルサイトへ)

農林水産資料・各種コレクション

開館当初より「自然の産物がいかに役に立つか」をテーマに資料を収集してきた農業館。特に農業館の創立にあたり、収集から展示までの一切に携わった明治時代の物産学者である田中芳男(1838~1916)の収集した明治時代の産業資料は田中コレクションとして光彩を放っています。

概要

展示品について

歴史について

建築について

神宮徴古館・農業館の歴史

神宮徴古館・農業館は神宮域内の整備事業をおこなった「神苑会しんえんかい」の企画により日本で最初の私立博物館として創設されました。明治19年に発足した神苑会は伊勢神宮の神苑を整備すると共に博物館等文化施設の設立を計画しました。明治22年には有栖川宮熾仁親王ありすがわのみやたるひとしんのう殿下を初代総裁にいただき、 明治天皇の御手許金おてもときん御下賜を始め全国有志の協賛を得て、国家的な規模で事業を進めました。

こうしてまず農業館が明治24年(1891)外宮前に建てられ、明治38年に倉田山へ移転。明治42年9月29日には徴古館が建設され、 明治44年3月31日に徴古館と農業館の建物と収蔵品一式を神宮に奉納して「神宮徴古館農業館」となり、神苑会は事業目的を完遂して解散しました。 以後、両館は「お伊勢さんの博物館」として親しまれてきましたが、昭和20年の戦災で徴古館の建物と収蔵品の大部分を焼失。 昭和28年の第59回神宮式年遷宮を記念して、外壁はそのままで2階建てに改修され今日に至っています。

歴史詳細はこちら

概要

展示品について

歴史について

建築について

神宮徴古館の建築

徴古館の建物は、赤坂離宮(現在の迎賓館)を手がけた当時の宮廷建築の第一人者・片山東熊の設計です。ルネッサンス様式の重厚で格調ある外観が特徴です。 明治時代の代表的遺構として平成10年に国の登録有形文化財となりました。

日本で最も古い御影風テラコッタ
特徴的なアーチ型の外観
左上)明治時代の花崗煉瓦石積かこうれんがいしづみ。外壁には戦災の痕も残る
左下)かつての貴賓室を改装した催事室 右)建設当初のドーム型を踏襲した天井

神宮農業館の建築

農業館の建物は、徴古館と同じ片山東熊の設計による数少ない木造建築であり、平等院の鳳凰堂をイメージした和洋折衷の建築様式を取り入れています。当初は回廊型でしたが美術館の建設により現在の場所に移設するに伴い凹形に改修。農業館も徴古館同様平成10年に国の登録有形文化財となりました。

左)入口に掛けられた扁額。明治24年、有栖川宮熾仁親王ありすがわのみやたるひとしんのうの御染筆。
右)展示室内観。当初からの柱や梁の構造が見られる。