展覧会情報

一覧へもどる

徴古館

特集展示
終了

神宮の刀剣2 -刀剣に見る皇室の御心 德川将軍家の意志―

平成28年7月8日(金)~ 平成28年8月31日(水)

 日本刀は「武器」「芸術品」「霊器」として我が国の精神文化を象徴しています。伊勢の神宮では20年に一度の式年遷宮で神宝として御太刀が60柄調進されるなど古来より刀が捧げられてきました。また式年遷宮を奉祝して皇室から刀が奉納され、歴代の徳川将軍家からも将軍就任の折などに恒例として太刀が奉納されてきた歴史があります。当館では昨年より数回に分けて「神宮の刀」と題してこうした神宮所蔵の刀剣類を展示しています。

― 展示品 ―
◇「霊元法皇法楽和歌」(正徳5年)【重要文化財】
◇太刀「和泉守来金道」・「丹波守吉道」・「伊勢守清方」・「伊豆守鬼道」
◇将軍奉納刀 太刀 「吉信」・「俊忠」・「次家」【重要文化財】
※徴古館本館の神宝特集展示コーナーでは式年遷宮で捧げられた貴重な神宝の「御太刀」九振を展示しております。(10月4日まで)

展示作品一覧[PDF]

会場

神宮徴古館 別館展示室

観覧料

大  人 - 500円 ( 団体 300円 )
小中学生 - 100円 ( 団体 無料 )
※団体20名以上

休館日

木曜日(祝日の場合はその翌平日)

入館時間

午前9時~午後4時30分(最終入館は午後4時まで)

一覧へもどる

Get ADOBE READER
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerダウンロードはこちら